風吹く丘の大きな緑の木

アクセスカウンタ

zoom RSS 惜しい引き分けでした…。

<<   作成日時 : 2017/04/28 23:32   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 0

球場前の木々にも新緑が繁るようになりました。
今日もメットライフドームです(^−^)

画像

青い空とドームの白い屋根に緑が加わり、風景に爽やかさを感じます(^−^)

画像

今日からの3連戦は「埼玉西武ライオンズVS千葉ロッテマリーンズ」。

この3連戦と来週5日からの3連戦は『GWファミリーフェスタ』と銘打っての開催です。
期間中、小学生以下のお子さんにプレゼントがあったり、コラボグッズの販売があったりします(^−^)

画像

ライオンズの先発は菊池投手。
先週は被安打1の完封勝利と素晴らしいピッチングでした。

マリーンズの先発は涌井投手。
かつてのライオンズのエースピッチャーです。
今シーズンはすでに千葉で対戦して負けている相手なので、今日は勝ちたいところ。

そうでなくてもライオンズは前カードのバファローズ戦で3連敗しています。
何とか連敗を止めたい試合でもありました。

画像

互いにエースピッチャーの登板ということで、先に点を与えたくありません。
菊池投手は前回以上に調子が良いように見えました。

1回表と2回表は共に2三振を含む三者凡退で抑えます。
3回表はフォアボールのランナーがセンターへのヒットでホームに突入しました。
しかし、秋山選手の好返球でホームタッチアウト!
相手に流れを渡しません。

すると3回裏にライオンズが先制しました(^−^)

画像

好返球の秋山選手が今度はバットで見せます。
レフトフェンス直撃の2ベースヒット!

続く源田選手も内野安打でつなぎ、ノーアウト1,3塁です。
そして浅村選手の併殺打の間に1点が入りました(^−^)

4回表は菊池投手をバックが助けます。
またしても秋山選手が背中からフェンスラバーにぶつかりながらセンターフライをキャッチ!
ライトの木村文紀選手もフェンス際まで飛んだ難しい打球をキャッチする好プレーが続きました。

画像

好プレーが流れを呼び寄せたか、4回裏は渡辺選手のヒットきっかけに2アウト満塁と追加点のチャンス。
けれども、ここは得点には至りませんでした。

菊池投手は好投を続けます。
ところが6回表にヒットとエラーが重なって2失点。
逆転されてしまいました。

涌井投手を相手に中盤で逆転される展開は重苦しく感じましたが、すぐに点を取り返します。

画像

6回裏、メヒア選手のショートゴロが悪送球により出塁となります。

画像

渡辺選手もしぶとくセンター前に打球を運び、1,3塁のチャンス!
初めから右方向を狙っての、若い選手にもお手本として見習ってほしいバッティングでした(^−^)

この後、外崎選手の内野ゴロの間に1点が入って同点です(^−^)

「次の1点が勝負を決めるだろう」と誰もが思ったことでしょう。
ただ、ここからが互いに決め手を欠く展開となってしまいました。

7回で菊池投手、涌井投手は共に降板。
継投陣に後を託します。

菊池投手は“被安打3、奪三振10”と本当に素晴らしい内容でした。
勝たせてあげたかったですが、球数が多かったので降板は仕方ありません。
「せめてチームの勝利で報われれば…」と思いながら声援を送ります。
8回表はシュリッター投手、9回表は増田投手が3人ずつで終わらせました。

均衡を破るチャンスは8回裏。
1アウト2塁で外崎選手の内野ゴロでランナーが3塁に進むものの、木村文紀選手は内野フライ…。
得点できません。

画像

9回裏も秋山選手のフォアボールと源田選手のヒットで1アウト1,2塁とチャンス。
でも、浅村選手が併殺打で“サヨナラ”とはならず…。
延長戦です。

画像

10回表、11回表は牧田投手が3人ずつで終わらせ、マリーンズ打線を封じます。

流れとしてはライオンズに向いていたと思います。
延長戦での攻撃では“サヨナラ”のムードが漂いましたが、マリーンズのリリーフ陣に粘られた印象です。


12回表は大石投手が抑え、これで負けは無くなりました。
「あとは勝つしかない!」とスタンドからの声援にも力が入ります(^−^)

画像

先頭の源田選手がヒットで出塁します!
これで3安打の猛打賞です。
今日は“つなぐバッティング”によるヒットが印象に残りました(^−^)

1アウトから中村選手がフォアボールを選び、1,2塁と最後のチャンスです。
ここで山川選手が代打で登場。
しかしながら三振し、続いて代打の栗山選手もレフトフライでゲームセットとなりました…。

画像

攻めていたのですが、残念ながら惜しくも引き分けです。
マリーンズはエラーが5個と、ライオンズからすると何度かチャンスをもらいました。
それを活かしきれなかった感じもします。

長いシーズン、こういうこともあります。
そう思って、また明日です(^−^)

そうは言っても、課題の1つに“下位打線のつながり”があると思います。
先週のファイターズとの3連戦、前カードのバファローズとの3連戦で気になっていた点です。
このところの起用で言えば山川選手、外崎選手、木村文紀選手の3人。
勝った試合でも負けた試合でも、何となく流れを止めていた感じがしました。

今日も得点チャンスが下位打線に回る場面が何度かありました。
チャンスで打てなかったことが続けば、ファン以上に本人たちも苦しい気持ちだろうと推察します。

正直に言えば、アウトになると「あぁ〜、またか…」とため息が出ます。
それでも「何とか頑張って!」と祈るような思いで応援したいです。
「ここぞ!」という場面で1本でもヒットが出たなら…。
ファンが一緒になって喜べる一打を期待しています(^−^)

がんばれ、ライオンズ!(^〇^)/

次の観戦は明後日。
引き続き、マリーンズ戦です(^−^)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 10
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
ナイス ナイス

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
惜しい引き分けでした…。 風吹く丘の大きな緑の木/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる