思い出の曲 ~トランザム 『季節』

ずいぶんと昔に聴いた曲なのに、妙に今も耳に残る曲というのはないだろうか?
私の場合、今でも覚えている子どもの頃に見たテレビ番組の主題歌などが多い。
子どもの頃だからといって、アニメや特撮番組ばかりでない。
ドラマの主題歌なども覚えていて、たまに口ずさんでしまうことがあるのだ。

『少年ドラマシリーズ』
1972年から1983年にかけて小中学生向きのテレビドラマがあった。
NHKで放送していたドラマシリーズである。
記憶が定かではないが、初めて見たのは75,6年頃だったかもしれない。
ドラマは1タイトル数話で、終わると次から新しい作品に始まる。
ほとんどの作品には原作があり、SFやホームドラマ、文芸ものや青春もののドラマがあった。
中でも私が面白く感じたのが、SFのドラマである。

このシリーズでSFというと、筒井康隆さんの『時をかける少女』が原作の『タイムトラベラー』、
眉村卓さん原作の『なぞの転校生』などが有名だが、私が忘れられないのは『その町を消せ』

自分たちが住む世界とあまり変わらない異世界に迷い込んでしまった中学生たち。
その異世界は独裁政治による管理された社会だった。
少年少女たちは異世界の住人たちによる自分たちの町を乗っ取る企みを阻止ずる。
そして、自分たちの世界へ帰ろうとする物語。

話の内容は、そんなところだったと思う。
検索して調べてみたところ、内容などを紹介するサイトがいくつかあるようだ。

いつか見た 絵の坂道は
どこまで 続いていたのだろう
過ぎ去った日の思い出は
色の滲んだ風景画

歌詞とメロディーが印象的だった。
今でも忘れることがなく、ふと何気ないときに思い出されることがある。
何となく、春のイメージを感じるのは私だけだろうか?
少年が坂だか土手だかを自転車で走っていく…という映像だったような記憶がある。
どうだっただろうか?

ところが当時は歌い手や曲名を記憶に留めていなかった。
トランザム『季節』という曲であることは、今回初めて知った。

画像
『その町を消せ』は、光瀬龍さんの『消えた町』と
『その花を見るな!』という作品が原作だったが、
ドラマが終わった後に『消えた町』を購入して読んだ。
私が初めて自分で買って読んだ小説だったと思う。
この本は今でも本棚にある。

調べてみるとDVDが発売されたことがあるらしい。
当時は製作用のビデオテープが高価だったとか。
テープは使いまわしされたと聞く。
そのためか、再放送されることはなかったと記憶する。
よってソフト化もないものと思っていた。
完全な形ではないというが、もしできたら見てみたい。

『少年ドラマシリーズ』は、NHKらしい良い番組だった。
こういうドラマは今もあっていいのではないだろうか?


NHK少年ドラマシリーズ その町を消せ1


NHK少年ドラマシリーズ その町を消せI [DVD]

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 9

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

デイジーブルー
2007年04月13日 22:57
お久しぶりです。
私もウィンドさんと同年代なので、「少年ドラマシリーズ」を見ていました。
「未来からの挑戦」という番組が印象に残っていますが、
「その町を消せ」も覚えています。
あの頃の夕方は子ども向け番組が多かったですね。
懐かしいです。。。
ウィンド
2007年04月13日 23:41
デイジーブルーさん、いらっしゃい(^-^)
ご覧になっていましたか?
私は「その町を消せ」が印象的で、主題歌のことを
今も忘れられません。
最近は“テレビっ子”という言葉を聞かなくなりましたが、
当時はテレビを見ていましたよね。
それだけに良い番組は心に残ったのだと思います。
にお
2012年07月08日 16:47
懐かしいですね。
検索してみたら、この曲を覚えている方が意外に多くて驚きました。
ウィンド
2012年07月08日 23:36
におさん、はじめまして。
いらっしゃい。
以前の記事へのコメント、ありがとうございます。
当時はテレビといえば地上波のチャンネルだけでした。
現在のように娯楽も多彩ではありませんでしたから、
テレビで面白く感じた番組は一生懸命に見ていました。
まだ家庭用のビデオも一般的ではありませんでしたし、
自然と記憶することが身についていたのかもしれません。
この曲や番組を覚えている人が多いということを知ると、
当時に子ども時代を過ごしたことが嬉しく感じます。
2012年09月20日 00:13
初めまして。たった今、なぜか思い出したように歌詞を~風景画~まで入浴してみたらヒットしたのでお邪魔してみました。本当に懐かしいですね。当時は小6で勉強もしないでテレビばかり見ていました。親父を早くに亡くして比較的貧乏なほうだったのでビデオデッキなど購入するような余裕は当然なく、せめて音声だけでもと思いラジカセに録音した記憶がかすかに残っています。可能であればまた見てみたいですね。
ウィンド
2012年09月24日 23:27
パイロンさん、はじめまして。
いらっしゃい。
以前の記事へのコメント、ありがとうございます。
当時まだホームビデオは一般的でなかったかと思います。
時に間違って歌詞を覚えることもありましたが、
印象的なテレビ番組は深く記憶に残りました。
現在のように情報の多い時代ではなかったので、
そうした記憶があることに特別な思いが湧きます。
機会があれば、また見てみたい番組です。
今またリメイクしても面白いのでは…とも思います。
2012年10月21日 12:33
ウィンドさん、ご無沙汰をしております。当時はNHKの番組を見ること自体ほとんどなかったことと、SFドラマにしか興味がなかった(たしかあの当時はSFと青春小説をほぼ交互に放送していたと記憶していますが…)ためにあまりリアルタイムでは見ていないんです。『その町を消せ!』を起点とするならばそれより前は『明日への追跡』、後は『七瀬ふたたび』くらいでしょうか。ただ
、SFは好きだったので原作はよく読みました。三瀬龍さん、眉村卓さん、筒井康隆さんの作品はほとんど読破していました。よみながら「これ、NHKのドラマにすればいいのに…」なんて考えたりもしてましたが、すでにドラマ化されていて知らないのは私だけという状況でして……実にお恥ずかしい限りです。あれからほぼ30年ですか。時の流れというものは実に恐ろしい。そういえば最近民放で筒井康隆さんの『家族八景』がドラマになっていたので見てみたらコメディータッチになっていたのでガッカリしました。もう一度シリアス系演出のSFドラマ、どなたか作っていただけませんか?CGをフルに活用すれば製作費も安く抑えられると思うのですが……(笑)。長文になり申し訳ありません。
ウィンド
2012年10月22日 00:29
パイロンさん、いらっしゃい。
そうですか。
当時のSF小説や青春小説は今ならライトノベルで
描かれるような世界観や感覚のように思っています。
昔の作品を現代風に解釈するのも悪くないと思います。
そういう意味ではアニメ化も良いように感じます。
何はともあれ、昔は印象に深く残る作品が多かったですね。
そういう時代だったのかもしれません。
2014年07月16日 03:39
はじめまして!
私も『その町を消せ』が大好きで当時夢中で観ていました。
あの曲もまさに同様で時々思い出していました。
どうにも懐かしく検索をしていてココに辿り着きましたが、同じBIGLOBEウェブリブログのユーザーさんだったのですね。
当時はビデオデッキもまだなく、TVの前にカセットデッキを置いて録音していました(^_^;;
主役の男性のファンにもなったのですが、ドラマの話自体の不思議な感覚に子どもながらに魅了させられました。
今頃の発見ですが、同じようにこのドラマやあの曲に思い入れのある方を知りとても嬉しいです(^_^)
ウィンド
2014年07月19日 01:25
R*Rさん、いらっしゃい(^-^)
こちらこそ、はじめまして。
以前の記事へのコメント、ありがとうございます。
この記事に関してはコメント欄だけでなく、
他からも多くの感想をいただいています。
この曲と『その街を消せ』を覚えている人は多いようです。
そのことに私も大変驚いています。
原作本を読み返してみると今でも面白く感じます。
私も改めて懐かしさを感じています。