寂しく、残念に思います。。。

今朝、この訃報を聞き驚いた。
作家の内田康夫さんが死去されたとのこと。
83歳だった。。。

内田康夫さんと言えば…
やはり、「浅見光彦 シリーズ」であろう。

フリーのルポライターである浅見光彦が難事件を解決する。
旅や歴史などがストーリーの面白さを膨らます。
このシリーズは私も好きで文庫本を多く所有している。
読んでいると、光彦と共に旅をして事件に挑んでいる感じがするのだ。

きっかけは、映画化された『天河伝説殺人事件』だった。
以前にも書いたことがあるが、映画館へ足を運んで観た。
その後、原作を読んでシリーズのファンになる。
この作品は特に思い入れが湧き、奈良県の天川村にも何度か行ったくらいである。

当時、なかなか旅に出る機会がなかった。
内田康夫さんの作品と出会い、旅の楽しさを知ることができた。

一時期、私もライターをしていたことがある。
浅見光彦の設定と同じ年齢の頃だった。
私も歴史を学んでいたこともあり、光彦に自分を重ねる気持ちが湧いた。
また、彼の正義が私のそれと似ているように感じたことも親しみになった。
他人の気持ちに寄り添う人柄も魅力である。
勝手な解釈だが、一方的に学生時代からの友人のような気になっている。

他にも「信濃のコロンボ シリーズ」があるが、こちらも面白い。
小説を読むだけでなく、ドラマ化されると見流さないようにしている。

推理モノだけでなく、歴史小説も面白かった。
10年ほど前になるが、『地の日 天の海』は新聞連載の時から読んだ。

振り返ると、内田さんの作品のファンになってから25年以上が経つ。
愛読してきたといっていいだろう。

仕事帰りの電車の中、休日の予定のない午後、気分転換したいとき…
日常の様々な場面で文庫本に手を伸ばした。

時に興味を刺激され、時に涙し、時に心が軽くなった。
本を読んでいるひと時は、日常の慌ただしさから離れられた。

内田さんが体調を崩され、執筆を休まれることを聞いたときは心配した。
できることなら、新作をまた読みたかった。。。

これまでの作品を読み返したいと思います。

心よりご冥福をお祈り申し上げます。。。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 10

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

2018年03月20日 08:28
おはようございます。
ライターのお仕事をされていたのですね。
納得です。
文章が読みやすいし、とても穏やかで
冷静な感じを受けます。
読んだ後に、色んな事を考えさせられます。

大好きな作家先生が亡くなられて、
寂しいですね。
「浅見光彦ドラマ」はよく見ていました。
ウィンド
2018年03月20日 23:35
チャーミングさん、ありがとうございます。

お褒めいただき恐縮です。
穏やかさを大事にしたいと思っています。

とても寂しく残念ですね。
でも作品は残ります。
これからも愛読したいと思います。